八ヶ岳デイズ

Facebook
八ヶ岳デイズ >  食べる > 地元の野菜にほれ込んだ2人が作る、特製サンドイッチ

地元の野菜にほれ込んだ2人が作る、特製サンドイッチ

2024.6.10 食べる

アイデアが詰まった ボリューム満点の一品

 白州町の静かな住宅地にある、 こじんまりとしたサンドイッチの店。家の一角を店にしたのは「子育てしながら2人で協力してできると思って」と話す店主の高宮 沙貴子さんとご主人の暁さん。子どもたちを自然の中で育てたいと移住を考え、2018年に白州へ。東京で飲食の仕事に携わった暁さんは韮崎のベーカリーへ勤務、沙貴子さんは歯科医院で働いていた。 

 サンドイッチを作り出したのは、 沙貴子さんが産休中の時だ。「とにかく地元の野菜が種類も多くておいしくて、毎日パンに挟んで食べていました」と沙貴子さん。もともとハンバーガーショップを開く夢を持っていた暁さんとサンドイッチの可能性について夜な夜な話し合ううちに、「おいしいサンドイッチをみんなに食べてもらいたい」と店を出すことを決意。「この先、またコロナ禍のようなことになってもずっと続けていけるように」と2023年にテイクアウ ト専門店をオープンした。

 野菜は地元産のものを使用。種類によっては契約農家から取り寄せる。濃厚な味わいのトマトやみずみずしいレタスなどをたっぷりと挟み、断面の彩りも見事だ。「特に八ヶ岳のトウモロコシは甘くてジューシー。農家からいただく新鮮なものを使って、クリームチーズやキャロットラペと一緒に挟みます」と沙貴子さん。これが大好評で、時期が過ぎても問い合わせが入るほどだ。またアンチョビと黒オリーブを入れて仕上げる大人味のポテトサラダなど、コーヒー だけではなくワインと一緒に楽しみたくなるメニューもそろう。「周囲の人に意見を聞きながら種類を増やしていきたい」という沙貴子さんの話に、期待が高まる。

DATA

  • sandwich&deli ピクニック!
  • 【エリア】山梨・北杜市
  • 【電話】070・9109・8088
  • 【住所】山梨県北杜市白州町白須223-4
  • 【営業時間】10:00~14:00
  • 【定休日】 月、火、水、木、日
  • https://www.instagram.com/sandwich_deli.picnic/
この記事を取材した人

ライター 小山芳恵
ライター生活四半世紀。八ヶ岳に出合ってその魅力にはまり、ライフワークの一環として八ヶ岳デイズに携わる。


カメラマン 村山直章
名古屋生まれ、札幌育ち。大学と写真専門学校を卒業後、アシスタントを経てフリーに。雑誌、新聞、広告を中心に幅広く活動中。

あなたにおすすめの記事

Links
リンク